小児歯科

お子様の歯の健康を守りたい

お子様の歯の健康を守りたい

初めての乳歯が生えてから、徐々に歯が生えそろい、永久歯に抜け替わっていき……。子どものお口の中は、成長に合わせて常に変化し続けていきます。と同時に、むし歯のリスクや必要な治療も変わっていきます。

沖縄県浦添の歯医者「サンエー経塚シティオレンジ歯科」では、一人ひとりの成長段階に適した診療をご提案しています。一緒に、お子様の歯の健康を守っていきましょう。

今だけでなく将来まで見据えて

乳歯はいずれ抜ける歯ではありますが、実は「永久歯への正しい生え替わりをサポートする」という大切な役割を持っています。そのため、むし歯になっても気にしなくても大丈夫、ということは決してないのです。

乳歯のむし歯を放置していれば、永久歯までむし歯にする確率が高くなります。また歯並びを乱したり、場合によっては永久歯が生えてくるのを阻害したりすることもあります。

つまり「いずれ抜ける乳歯だから」と今だけのことで判断せず、乳歯の時期からきちんとケア習慣を身につけさせてあげることが大切です。併せて定期検診にお連れいただき、将来まで健康な歯を維持できるようサポートしてあげてください。

子どものための予防歯科

子どもがむし歯になったら、できるだけ早く適切な治療を受けさせてあげることが必要です。しかしもっと大切なのは、むし歯になりにくい歯に育ててあげることです。

むし歯は、「歯質の強さ」「細菌の数」「食生活」という3つの要素によって、なりやすさが決まってきます。フッ素塗布などによってむし歯に強い歯にすること、また毎日きちんと歯みがきをしてお口の細菌を減らすこと、そして食事やおやつのタイミング、選び方などに気をつけてあげることなどを意識しましょう。

とくにまだやわらかい乳歯や生え替わったばかりの永久歯はむし歯菌に対する抵抗力が低く、一生のうちでもっともむし歯になりやすいのが特徴です。そこでこの時期にはとくに注意し、予防歯科に連れてきてあげてください。

小児歯科の予防メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

子どものお口の中の環境は成長とともに変化しているため、成長段階に合った方法で歯みがきをすることが必要です。そこで、一人ひとりのお子様のその成長段階にふさわし正しいみがき方を、歯科衛生士が指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

抗菌作用を持ち、歯の再石灰化を促す効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。歯質を強くし、むし歯菌が出す酸への抵抗力を高めてむし歯予防につなげます。とくに、乳歯や生え替わったばかりの永久歯の虫歯予防に有効です。

シーラント

シーラント

奥歯の深く複雑な溝には、プラーク(歯垢)がたまりやすくむし歯になりやすいのが特徴です。あらかじめレジン(歯科用プラスチック)を詰めてふさぎ、プラークが入らないようにしてむし歯を予防します。お子様向けの処置です。